アプリでCRエヴァンゲリオン8を楽しんで攻略していく

CRエヴァンゲリオン8には実機に搭載されているスペックと同様の機能で打つことができるパチンコアプリがある。フィールズのモバイル公式サイトに会員登録すると月額315円でプレイできるので打ってCRエヴァンゲリオン8を攻略していこう!!

CRエヴァンゲリオン7まではエヴァンゲリオンのパチンコ機シリーズにはサブタイトルが付いていた。一作目はそのままCR新世紀エヴァンゲリオンだったが、二作目からはセカンドインパクト、使徒再び、奇跡の価値は、始まりの福音、などのサブタイトルがあった。

しかし、第七作目となるCRエヴァンゲリオン7からは数字のサブタイトルが付けられるようになり、今現在発売している最新作はCRエヴァンゲリオン9となっている。それは、エヴァンゲリオン7から新しい機能を搭載してゲーム性が変化したことが理由として挙げられる。

CRエヴァンゲリオン7で新しく搭載しシリーズのゲーム性を変えることになったのがビーストモードと言われる特殊モード演出だ。ビーストモードでは専用のリーチが発生して疑似連予告が出現してくる。擬似連の回数に合わせてリーチの信頼度も変化するようになっている。このビーストモードはCRエヴァンゲリオン8にも受け継がれていて、以前に紹介した公式アプリでも出現していくる。

役モノとギミックで楽しめる

ビーストモード以外にもCRエヴァ7にはビーストバトルというランクアップボーナスが新しく追加された。ビーストボーナスは大当たりに当選したあと、使徒とのバトルが3ラウンドごとに発生するランクアップボーナスで、使徒に勝利すれば次の3ラウンドを継続して打つことが出来る。

これらの特殊モードや特殊大当たりも公式アプリでは実際のパチンコ機に搭載されているシステム通りに楽しめる。さらにエヴァンゲリオンシリーズでお馴染みの役モノやギミックも再現している。CRエヴァンゲリオン8の筐体は大きな綾波レイフィギュアとなっていたが、そうした筐体のデザインも楽しめるので実際にプレイしてみよう。

パチンコを打っている人の多くは必ず稼ぐことを最終的には目的としている。稼ぐことが目的でないならばそれこそアプリだけをプレイしてゲームを楽しんだほうがお得である。それくらいパチンコとはシビアなもので、ちゃんと研究しなければ勝てないギャンブルなのだ。

パチプロの多くは自分が次回打つ機種を打つ前からちゃんと決めて、その機種に関する情報を知るための事前学習を怠らない。スペック情報を調べることは当たり前だが、さらにどういったゲームシステムで打つ事になるのかを理解して、特殊モードに突入した場合の打ち方についても予め研究している。

京楽のCRパチンコAKB48チームサプライズや三共のCRフィーバー涼宮ハルヒの憂鬱などは右打ち仕様でベロ入賞を行って大当たりを連チャンするタイプの役連機だ。こうしたパチンコ機を打つときは必ずアプリを利用して実践に入る前にモード中の打ち方はどうするのがベストかを調べている。CRエヴァンゲリオン8でも特殊なモードがあるので、アプリでモード中の打ち方を研究しておきたい。

また、パチンコ店に入店した後行う台選びの際には、CRエヴァンゲリオン8は潜伏確変があるパチンコ機なので必ず朝一ランプを確認しながら台選びをするようにしよう。朝一ランプというのは、言葉のとおり朝一のセグランプ状態を意味している。

セグの情報を知れる

別のページで紹介しているCRエヴァンゲリオン8のアプリ配信サービスを行っているフィールズモバイル公式サイトに月額料金315円で会員登録すると、エヴァンゲリオンシリーズのアプリを一作目から8作目までプレイ出来るだけなく、セグランプに関する情報やどうやって打ったほうが勝ちやすくなるかなどの攻略情報を得られる。

CRエヴァンゲリオン8をこれから攻略して稼げるようになりたいと思っている人は、エヴァンゲリオン8を発売しているフィールズ公式サイトの確かな情報を元にして打てば、しっかりと攻略をしていくことが出来るので、公式サイトのサービスを利用しよう。

↑このページのトップヘ